top / コンセプト / 健康家族宣言
健康家族宣言

日本中央住販の健康家族宣言

健康家族宣言

近年、
ニュースを騒がしている凶悪犯罪の数々。
悲しい事件を起こしてしまった被疑者たちが暮らしていた家の間取りには、実はこんな特徴がみられました。

「各部屋の孤立化」

家族が、家の中にいても、何をしているか分からない。
家の中で家族に会わない。会話がない。
ひとつ屋根の下に暮らしているのに...です。

私達は早くからこの事に気づき、「プライベート空間も確保しながら、どこにいても家族の息づかいが感じられる、
そんな家を作りたい」
「孤立してしまう家が作れるのであれば、きっと家族の笑いの耐えない、そんなしあわせな家も作れるはず」

そんな思いをこの「健康家族宣言」に託し街じゅうが「しあわせになってしまう」そんな家づくりに真剣に取り組んでいます。

心の健康

健康家族宣言

しあわせな家族であるためには、体が健康なだけではなく、
家族一人ひとりの心も健康でなくては。
つまり、精神的にも充実した生活が大切。

大きな吹き抜けから聞こえる家族の声。
2階にいたって、一人じゃない。
「もうすぐ、ゴハンできるよぉ~。早く降りていらっしゃい。」

リビング階段を駆け上がる子供たち。
「お母さん、宿題終わったら、友達の家に遊びに行ってくる~!!」

目指すところは、家族の息づかいが感じられるお家です。
”家族のコミュニケーション”を大切にした間取り作りを提案し、
コミュニケーションづくりのお手伝い。
ね、想像しても笑顔がこぼれるでしょ。

体の健康

健康家族宣言

まるで、「まほうびんのようなお家」
お家を屋根ごとすっぽり包み込む断熱工法を奈良県下でもいち早く取り入れました。
冬は、部屋から部屋の温度差(ヒートショック)を少なくし、トイレやお風呂までもぽかぽか。
あのいやーな「ブルっ」っともバイバイ。
さらに窓にはペアガラスを採用し、温度差をシャットアウト。
一段とお家の断熱を助けます。
もちろん、優れた機密性と断熱性で、夏は少しの冷房でお家全体をまんべんなく冷やします。
夢に見た大きな吹き抜けやリビングだって、お財布にやさしくひんやり省エネ。
体の健康、お家の性能でも維持しましょ。

地域の健康

健康家族宣言

「いってらっしゃ~い」
「おかえり~」
「どこ行くの?」

これ、実は3軒となりのお家のお母さんから。
調和の取れた街並みでは、みんなが自然と声を掛けあいたくなる。
さらに、不審者の通り抜けを防ぐ道路設計や、
スピードダウンさせた車が通る蛇行路はみんなが安心して暮らせます。
やっぱりいつの時代も、ご近所さんの笑顔が防犯につながりますよね。
大切な家族を地域のみんなでやさしく見守る。
そうそれがしあわせ。

健康家族宣言は、日本中央住販の登録商標です。