まるっとしあわせ★奈良de子育て おすすめ保育情報

こんにちは保育士の常川ですhttps://home-ncj.co.jp/cgi/png/blog/viewdata/2032.gif
遅めの梅雨が明けたと思ったら、猛暑に台風と厳しい日々が続いていますねhttps://home-ncj.co.jp/cgi/png/blog/viewdata/2091.gif
出掛ける際、暑すぎてとうとうハンディファンを購入した常川です。
最近では夕立も多く夜になっても蒸し蒸しした日も多く寝苦しい夜が続いていますhttps://home-ncj.co.jp/cgi/png/blog/viewdata/2091.gif

子どもは就寝中、成長ホルモンが出る為体が熱くなりますhttps://home-ncj.co.jp/cgi/png/blog/viewdata/2108.gif
大人が蒸し暑いと感じている以上に子どもや赤ちゃんは不快に感じている事も多く、
なかなか寝付けなかったり、寝汗をかいたり夜中に何度も目覚めたり…https://home-ncj.co.jp/cgi/png/blog/viewdata/2095.gif
その度に大人も起きていると、大人の体力も奪われていきますよね。
しかも汗で、あせもが出来たり皮膚トラブルや風邪にも繋がります。

よく赤ちゃんや幼児に適した室内温度は26~28度程度だと耳にしますが、
日中カーテンの開けっ放しの南側の部屋と、シャッターを1日閉めていた北側のお部屋では、
環境が異ないます。

お部屋の広さや、鉄筋のお家木造のお家、一軒家や隣と密着しているマンション部屋、
エアコンの設置場所、寝具を置く場所(寝室の方角)、どんな寝具を使っているかなど、
その家その家で住んでいる環境などが違うため、自分のお家がどのような環境、条件かを把握し、
クーラーと扇風機、時にはアイスノンや冷えピタなどを上手く活用して快適な夜を過ごしましょうhttps://home-ncj.co.jp/cgi/png/blog/viewdata/2169.gif
風が直接当たらない様に部屋の扉を開けてクーラーの隣の部屋で寝る、
少し高めの温度設定をして天井に向けて扇風機をつけて寝るといいかもしれませんhttps://home-ncj.co.jp/cgi/png/blog/viewdata/2108.gif

また、子どもや赤ちゃんは光を追いがちなので夜ご飯後ぐらいから室内の照明を段々暗くしていく、
青い光ではなく暖色系の光にするのも良いでしょうhttps://home-ncj.co.jp/cgi/png/blog/viewdata/2169.gif
ちなみに私は不眠症になった時、脱衣所の電気をつけ浴室の電気を消して入浴するのが良いと聞き
続けた所だいぶ改善しましたhttps://home-ncj.co.jp/cgi/png/blog/viewdata/2169.gif

個人差はありますが、そのような光の工夫、寝る前にリラックス出来るように足の付け根や腰辺りを
ゆらゆらしたりマッサージするのも、深い眠りに繋がるかもしれませんhttps://home-ncj.co.jp/cgi/png/blog/viewdata/2108.gif
通気性の良い下着や寝具を選び、少しでも快適に寝れるように試してみて下さいねhttps://home-ncj.co.jp/cgi/png/blog/viewdata/2122.gif
暑い夏はまだまだ続きそうなので、しっかり対策をして乗り切りましょうhttps://home-ncj.co.jp/cgi/png/blog/viewdata/2161.gif


常川みなこ