top / お家自慢 /桧家住宅/ 大和郡山市 K様

桧家住宅 大和郡山市 K様

高い提案力と確かな技術でお客様の理想をカタチに

LDK
壁・床・キッチン・収納と白を基調としたLDK。室内全体が明るく、調和のとれたレイアウトになっている。

敷地面積
245.71㎡(74.32坪)
延床面積
124.21㎡(37.57坪)
1F:67.90㎡(20.53坪)
2F:56.31㎡(17.03坪)

家族全員の「住みたい」を全て融合させた、まさに夢の住まい

 元々築50年の平屋住まいだったK様邸。経年劣化によって隙間が増えたり日当たりの悪さが問題だったのですが、お子様の成長に伴い家の建て替えを決意。建て替えにあたり複数のメーカーや工務店からお話を聞かれたそうですが、桧家住宅ならではの住まいの工夫、自由設計、気密・断熱性の高さに、リアリティのある広さ・間取りのモデルハウスを見て、ご自身の住まいをイメージすることができたと言います。

/home-ncj.co.jp/cgi/png/ncj/img/viewdata/1680.jpg
壁と共に白にまとめた対面キッチンは清潔感に溢れ心地いい。

「折角高額を払って家を建てるので、絶対に妥協はしたくなかったです。しかし何分素人なので建てたいイメージをアレコレとお伝えしたのですが、担当していただいた船越さんがそのイメージをイラストにしていただき、その家の形が本当にイメージ通りで感動したのを覚えています。例えば勝手口の位置や窓の大きさなど、他の業者さんだと中々こちらのイメージが伝わらなかったのですが、船越さんがこちらの意図を汲み取っていただき全てイラストに盛り込んで頂けたので、その提案力の高さも桧家住宅さんに決めた理由ですね」とK様。


吹き抜けリビング
大きな吹き抜け、そして大きな窓は開放感あふれる空間を演出。

吹き抜け
2Fホールはアルミ手摺り。
吹き抜けの窓からの日射しで2Fまで明るい。


そんなK様の一番のこだわりはリビングの大きな吹き抜け。以前の住まいは日当たりが悪くいつも暗かったので、新しい住まいではリビングの上に吹き抜けを設け、たっぷりの光と空気が通り抜ける気持ちの良い空間になりました。またコーディネーターと相談して、室内は白で統一。視覚効果でより広く明るくなるように考慮しました。


外観

ツートンにまとめた外観は、傾斜地買いの2つの屋根とバルコニーのシルバー色がポイントに。(外観写真)

 他にも、デッドスペースをフル活用した収納は使い勝手にこだわったり、家族・ゲスト双方に配慮したトイレの位置、以前の仕切りの多い住まいに比べて出来るだけ仕切りを作らない開放的な空間、オシャレなリビングに馴染むよう和室もモダンに仕上げるなど、ご家族の希望をギュッと詰め込みました。


そんな理想通りの住まいに2人のお子様も満足のご様子で、連日お友達が集まり楽しそうに遊ぶ姿が日常の光景になったそうです。


「私たちの理想を形にしていただくだけでなくプラスαの提案も随所にあって、本当に私たちの事を真剣に考えて提案していただけたのが嬉しかったです。もちろんお金に糸目を付けなければ良い家は出来ると思いますが、予算の範囲内で収まるようにいろいろ動いて頂いて、考えていた通り、それ以上の家になって本当に大満足です。もしまた家を造るとなったら、次も絶対に桧家住宅さんで建てたいですね(笑)」と、みんなの「住みたい」が全て融合したまさに夢の住まい。ご家族皆さまの終始幸せそうな笑顔が印象的でした。

玄関
玄関は土間収納からも中へ入れる2WAYとなっている。


和室
リビング続きの小上がりの和室は、使い勝手が良くて多機能なスペースに。